« 仙台へ  | トップページ | 6月の料理教室「ミルポア」 »

懐石料理「小室」の至福の時間

梅雨空が戻ってきたこの頃、紫陽花が綺麗に咲いていますね。

6月の「小室」の至福の時間がやってきました。行く道沿いに綺麗な紫陽花が・・・、思わず立ち止まって、紫が濃い綺麗な色。

今月の「小室」は、夏模様の献立です。

Photo 鳥貝と帆立と白瓜雷干しの梅肉わさび和え

素敵なガラスの器に・・・。

白瓜雷干しはパリパリト大きな音がでる・・・、響きが鋭く雷が鳴ったよう!な感じだから、この名前?

Photo_2 鰈の唐揚げ、玉葱のすり流し

鰈が肉厚!そして玉葱のやさしい味のすり流し。

体がホッとする一品です。  

                                             

Photo_7 四万十川天然鮎の塩焼き、蓼酢添え

この時期にははずせない一品。頭からしっぽまで美味しい!

一緒に写っている奥のお猪口は120年前の作品。

Photo_8 夏野菜の揚げ浸し

赤茄子、伏見唐辛子、舞茸、鯵、大葉、茗荷と夏野菜のパレード。

Photo_9 うに、サザエ、新レンコンの炊き込みご飯

なんとも贅沢なご飯!レンコンの食感とサザエの香り、うにの甘さがなんともうれしい!

Photo_10 デザートのフルーツ

マンゴー、さくらんぼ、ライチ

器がすごいですよね!すずに銀メッキをしたものとのこと。

ご馳走様です!みんな美味しかったです。

お料理はもちろんなのですが、いつも器がすごい。今回私の使ったお酒のお猪口はガラスに銀の細工がされたもの。120年前の作品らしい。手が震えそう!細工がとても細かく綺麗なものでした。

今度は8月、盛夏の献立はなんでしょう?

|

« 仙台へ  | トップページ | 6月の料理教室「ミルポア」 »

レストラン、料理屋」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/443913/21825373

この記事へのトラックバック一覧です: 懐石料理「小室」の至福の時間:

« 仙台へ  | トップページ | 6月の料理教室「ミルポア」 »