« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ホールインワン!

先週土曜日に草津のゴルフを楽しんだ私ですが、なんとホールインワンをしてしまいました。ゴルフの下手な私には関係ないと思っており、いつもグリーンにオンすればOKとしか考えておりませんでした。友達と二人でのんびりと廻っており、先のパーティーもあとの夫たちのパーティーもいなく、二人であーでもないこーでもないと話しながらのゴルフです。私のボールのほうがピンに近いかも!などと話しグリーンに行ったら、私のボールがない!友達はホールインワンじゃないとすぐに言ってくれたのですが、少々早いボールでしたのでグリーンからこぼれたと・・・・、でもない様子。とりあえずカップを見たら入っていました!という感じ。友達は興奮していましたが、私はよかった1で終わりだここは・・・、ぐらいの感動しかなく、ホールインワン保険も入っていないのですぐにボールをとってしまい、はい終わり!

ホールインワンの印象はこんな下手でもできるんだ、なーんだというぐらいの印象しかなく、皆は後から喜びが沸いてくると言っていましたが、今も変わらずあまりうれしくないかな?

みんなに記念品を考えるのは楽しいのですが・・・・、何がいいでしょう?自分の名前を入れるのが普通らしいですが、私の名前なんか入ったものほしいかな?私だったら要らないけど、皆さんはどうなのでしょう?ボールなどは?といっていましたがボールに他人の名前はいったらいやではないかしら。もっと違う感じの記念品にするつもりです。

そのゴルフで一番うれしかったのは1ホール目のパーです。2ヶ月ぶりのゴルフで一度も練習しなくて、1ホール目のパーですよ、下手な私はホールインワンよりうれしかったです。

こんなにうれしさを感じない私はおかしいのでしょうか?

ちょっと今回はお話のみで・・・・、終わりです。

|

京王それいゆ倶楽部「料理教室」6月

定期開催されている京王それいゆ倶楽部の野菜ソムリエの「料理教室」が6月17日に東京ガスキッチンランド調布にて開催されました。

6

今回は「夏野菜、お酢とオリーブオイルでヘルシー料理」のテーマで、

● 野菜のピクルス

● 鶏のレモンハーブマリネ焼き

● トマトオリーブオイルライス

● トマトのコンポート

の4種類をご紹介、試食していただきました。

6_2

今回の料理教室では株式会社ラティーナ様のご協力で「チアシードオイル」という大変貴重なオイルをご紹介でき、かつ皆様にプレゼントができました。このオイルは熱を加えないで摂取してほしいとのことで、私は野菜のピクルスにかけみました。ピクルスがまろみがついて大変おいしくいただけました。

Photo_2 チアシードオイルはしそ科の植物からできます。αーリノレン酸を含み厚生省が進める1日に必要な2gを小さじ1杯で取ることができるというオイルです。

詳しくは㈱ラティーナのホームページをご覧ください。

URL: http//www.latina-inc.com

Photo_3 講座はデモンストレーション形式で・・・。

とても使いやすい明るいキッチンスタジオです。

Photo_5 夏野菜についての説明も・・・・、もちろんありました。

皆様野菜に関してはいつも関心が高く、今回も夏野菜についてのたくさんの質問をいただきました。

6 裏話・・・

この回は私は大変大きいなどじをしまして・・・・、上の写真右のトマトのコンポートを作ったものを家に忘れ!取りに帰るということになりました。我が優秀なアシスタントスタッフは会場に戻りましたら、完璧に準備をこなしておりました。感謝です。

何事もなく講座がスタート、今度は私のおしゃべりが多すぎ試食の時間が・・・!でも時間通りに終了!ホッといつものとおり終了しよかった。

|

アメリカンチェリー大好き!

Photo_2 

ブラックチェリー(アメリカンチェリー)の季節になってきました。日本では以前、とても珍しいさくらんぼでしたが、このごろは安価で手に入るようになりましたね。ヨーロッパではおなじみのさくらんぼです。

日本のさくらんぼより甘みが強く、アントシアンニンが豊富!生で食べるのもおいしいですが、私の大好きな食べ方は「チェリークラフィティー」簡単なチェリーの入ったプリンのようなもの。

上の写真の下に写っているのが、さくらんぼの種取りをするもの。面白いです。この時期にしか毎年活躍しないのですが、クラフィティーを作るのには大変便利なものです。

 Photo_3

「チェリークラフィティー」です。

冷めても、温かくてもおいしいのですが、私は焼き上がりが好きです。それも少々良く焼いたほうが・・・・、上がカリッとして、中がプリン状態。

これが食べたくて、アメリカンチェリーの季節はわくわくしています。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »