キュルチュール・フランセ(フランス語教室)

あ~フランス語!

今日はフランス語教室でした。とてもブルー(weep)簡単な仏文ができてない!この間フランスに行っているけど・・・、と言うより日本語が作れなかった私!落ち込みますよね。この頃忙しくフランス語勉強しなく、と言うのは言い訳で少しづつでも毎日できることなんだけど・・・・。

今日は後の美味しいお料理で癒されました。(いつもそうですが)

Photo 平目のベルシーソース

ソテーした平目にタマネギのオソースを添えたもの。ベルシーの意味は?とのこと。

Photo_2 ポワッソン・ダブリル

フランス語でエープリルフールの意味。直訳は「4月の魚」と言います。

かわいいデザートです。クリームがチーズとヨーグルト味。

美味しかった!ご馳走様でした。

白ワインと共に、ちょっと昼間からいい気分、あ~もう少しフランス語がんばらないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単お砂糖のタルトとフランスのお惣菜料理

今日はキュルチュ-ル・フランセのフランス語のレッスン+料理教室です。

今日のメニューは「ピーマンファルシ」「アンティーブグラタン」「お砂糖のタルト(タルト・シュクレ)」です。

1

にぎやかにフランス語での昼食!ん~今日はテキストの内容がハードでちょっと疲れモードです。料理はかなり私の手が入っています!お休みの方が多く先生と私とアシスタントのH子さんの3人で作りました。ピーマンのファルシにはクスクスが入っていて美味しいです。クスクスの代わりにお米でもいいでしょう。

とてもシンプルな「お砂糖のタルト」素朴な味がとてもほっとします。

Photo

2

お砂糖は三温糖です。生地にはドライイーストが入っていますので、少々ブリオッシュのような生地です。

疲れた頭にほっとするデザートでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス語の授業と料理 11月

今日から11月、初冬です。年賀状も販売されました!年末の文字が頭に浮かんできます。この時期はん~、毎年あわただしく過ぎてしまいます。

今日はフランス語のサロンでした。エコ、ごみについてのテキスト。フランスもやはりごみ問題が重要課題のひとつです。パリのごみを見ていると日本よりアバウトな気がしますが、みんな考えているのかしら?昔は道にごみは捨ててよい、というお国でしたから・・・。朝、道の側溝に水が流れて綺麗になるという、なんとも合理的なシステムがあります。今もありますが、今は朝早く清掃車が来てごみを片付けています。朝6時ごろから片付けていたように思います。日本より早いですよね。そうです、フランスは犬をどこにでもつれて歩けるお国です。なので糞が問題になっています。パリではかなりモラルができてきていますが、前に3ヶ月ほど滞在したヴィシーという町は道が犬の糞だらけでした。ホームステイ先のご主人が嘆いていました。

この話の後に今日の教室での料理をご紹介するのはちょっと・・・と思いますが、おいしかったので紹介します。

Photo プレ・オ・ノア

(胡桃と鶏の煮込み)

クルミオイルを使った香り高い煮込みです。

Photo_2 リンゴとアーモンドのタルト

とっても簡単なタルトです。キャラメリゼしたアーモンドをリンゴの上に載せて焼くだけ。キャラメルの香りとこくがリンゴに移り、おいしかったです。

今日はもう1つ、昨日はハロウィンでした。私は熱を出しつらいハロウィンとなりました。玄関に飾ったリースのみが楽しそう?でした。

Photo_3 来年は甥と姪たちを呼びたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月のキュルチュール・フランセ

だいぶ秋を感じるような天候になってきました。さて月1回の貴重なフランス語講座、この頃フランス語を使っていないので忘れる一方です。いつも皆さんとの昼食が楽しみの講座に変わってきました。これでいいのかな?と思いながら・・・今月の料理をご紹介します。

今月のお料理ははさばの「白ワイン蒸し」と「パリブレス」とでした。さばはフランスでも人気の魚、やはり秋が食べごろです。

Photo 「さばの白ワイン蒸し」

Maquereau au vin blanc

さばを白ワインでマリネして、お野菜と共に蒸し煮をする料理です。とても簡単でヘルシーな一品。

Photo_2 「パリブレスト」

Paris-Brest

おなじみのデザートです。今日はアシスタントをしていただいている花子さんがとてもかわいく作ってくださいました。中のクリームはチョコカスタード味です。

10 こんな感じで毎回ワインつきでお食事をいただきますが、会話はフランス語!時々日本語!チーズも毎回3種類以上は楽しめるのです。フランス語とフランスの家庭料理が一度に楽しめる教室です。

10月は車で行ってしまいワインは飲めず!残念!私のところだけお水のみです。どこの席かわかりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス語教室とケーキ

月に一度のフランス語レッスン。忘れる方が多いな~、教科書レッスン終了後みんなでお食事をしながらフランス語でおしゃべりタイムという教室です。

その日に出た料理とケーキのレシピの説明もあります。(サラダ、メイン料理、パン、チーズ、デザート、それにワイン付です!)

今回のケーキは「胡桃のケーキ」

Photo_4 「ガトー・ペリグーダン」というフランス、ぺリゴール地方のケーキです。ペリーゴール地方はくるみ、栗の産地です。

簡単に作れます。 ご紹介しましょう。

バター  100g ・ 卵  4個 ・ 胡桃  125g ・ 砂糖 100g ・ 小麦粉 75g

① タルト型にバターを塗り、オーブンを190℃に温めておく。② くるみは   フードプロセッサーで細かくする。 ③ バターをポマード状にして砂糖を白っぽくなるまでよく混ぜる。 ④ 卵黄を4つ③に加えて混ぜ、くるみも加える。 ⑤卵白4個分は硬いメレンゲを作り④の生地と合わせ、型に流す。⑤ オーブンにいれ40分焼く。⑥ 焼きあがったら粉砂糖を振り胡桃を飾る。  

Photo_6 家の料理教室でも作るケーキです。ホイップクリームを添えてもおいしいですよ。

                                                                                                                                         

| | コメント (1) | トラックバック (0)